大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


メニュー

みさやま紬と草木染

みさやま  「みすず刈る」という美しい言葉は信濃の枕詞です。古来信濃国は養蚕が盛んであり、近世にはどの農家も紬を織っていました。 農閑期には、方々の家からトントンカラリと機音が聞こえて来ました。

松本市三才山の故・横山英一氏は織音を子守唄として育ちました。 英一氏は旧・松本中学校(現・松本深志高校)を卒業後上京し、 東京芸大の木下保氏に師事し、声楽の勉強をしましたが、昭和11年~21年まで召集を受け戦地に赴きました。

戦後は、農業の傍ら蚕を飼い、糸を紡ぎ、裏山の草木を染料とし、 氏の確かな絣縞織の技術に現代の色彩感覚を取り入れて、みさやま紬は誕生しました。
“みさやま紬”は信州松本、みさやまの里で生産しています。東に近いところに美ヶ原の山並みを仰ぎ、女鳥羽川の源流が近くを流れています。

山谷に自生する天然染料を探し求めて草木染を行いますが、生の草木は明るく、透明感のある独特の色彩を見せてくれます。 染めては干し、染めては干し、色を染め重ねる事によって深みを増し、また堅牢度も増していきます。

そんな自然の中で一反、一反、丹念に織り出される紬、それが“みさやま紬”です。右は、生産者である横山家の玄関先に建つ、俳人・萩原井泉水の句碑です。
句碑
染料
玉葱、山栗、上溝桜、山胡桃(上から時計回りに)
みさやま紬の染めは100%草木染めです。主な染料は[玉葱、漆、栗、桜、山胡桃、蘇芳]など裏山に自生する草木で染色します。糸は経糸には絹の生糸、 緯糸には真綿の紬糸を使用しています。

その為、普通の真綿紬に比べ滑りがよく、しなやかで単衣用の着物としても愛されています。

柄においては、信州紬の持ち味である縞、格子を主とし、花織を使った創作的な横段など、シンプルでありながら個性的な着こなしが楽しめる紬です。
現在は、故・英一氏よりみさやま紬の伝統を引き継ぎ、全身全霊で正直一途な“みさやま紬”を生産しているのが、御子息の横山俊一郎氏です。

「みさやまの命は、染料です・・。」と俊一郎氏は言われます。 その染め場には、大きな釜が二つ、そして北側に向いた窓から、 こぼれる朝陽の中で染まり具合を見るのが一番良いそうです。

また染める季節等、変化する気温、湿度に対応し、素材をより生かした色に染まるよう、日々精進を重ねておられます。
横山俊一郎氏
裏山 染めの材料となる植物は裏の山から採ってきます。険しい山道を登り、ときには危険も伴う重労働です。

また雑木林は手入れをしてやらないと新たな芽吹きがなくなるそうです。山を守る事、これも大事な仕事の一つです。

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について