大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


メニュー

大島紬のお手入れ方法

ページ移動 
大島紬のお手入れ方法 しっとりとした風合で着心地満点の大島紬、着物通の方ほど袖を通す回数が多くなるのも当然です。
でも、せっかく丹精をこめてつくられた、そして高価な大島です。大事にいたわって付き合っていただきたいもの。 美しく着こなす為にも、是非お手入れを。
帰宅後のお手入れ
外出先から帰って大島紬を脱いだ後は、衣紋掛けにかけて1、2時間風を通して下さい。 そのときシミや汚れを点検して、見付かったらできるだけ早く処置しましょう。 その場合、何でもベンジンでゴシゴシこするのは良くありません。

ことに泥染や泥藍など天然染料のものはベンジンでこすると赤茶けてきますので、薄いアンモニア水か中性洗剤の溶液を使う方がいいのです。 さきに囲りを大きくぼかし、そのあと汚れの個所を叩くようにして取り、もう一度水で拭きとるといいでしょう。 汚れやシミを取るときは、地をこするより、たっぷりと液をつけて、むしろ洗い落す気持ちで叩くか押すかしていくのです。

汗ばむような陽気の時は、きものを脱いだら腋の下あたりに霧を吹いてみて下さい。汗をかいていたらその部分が浮出てきます。 薄いアンモニア液や中性洗剤水か、めんどうなら水ででも軽く洗うといいでしょう。
汚れが付いた時は
大事な大島紬に外出先でシミなどついたときは、とりあえず水を湿らせた布でまわりをぼかしながら、 その部分をつまむように拭きとっておき、帰ってから再点検しましょう。 中性洗剤か薄いアンモニアの溶液でとれない場合、あまりこすらないで専門家に任せましょう。

果物の汁、香水などは酸化するのが早く、とくに泥染は酸に弱いのですぐに黄ばんできます。ミカンの汁などはできるだけ早く拭きとって下さい。 また、お出かけの前、おしゃれの仕上げにと香水をおつけになる方がありますが、くれぐれも着物の上からはかけないこと。いつのまにかシミになります。 いずれも拭きとったあとはぼかすように水洗いして、よく乾いてから布をあてて低温でアイロン仕上げします。
簡単なお手入れ方法
毎回の手入れがめんどうな方は、せめてシーズンが終って衣替えの時、 衿、柚口、裾、腋の汚れとシミの点検をしましょう。 同じ黄色くなったシミでも一年以内のものであれば、専門家に持っていくと大抵とってもらえますが、2年以上になると難しくなります。

精緻なものほど専門家の配慮ある仕事が必要なのです。大事な大島紬を長持ちさせるには早い目早い目のお手入れを。 洗張りも他の着物より少し早い目にお出しになることをおすすめします。
カビ予防のために
しばらく手を通さず桐のタンスの中で眠っている大島紬はありませんか。 特に入梅期にはカビが生えやすいもの、一度顔を見てみて下さい。カビは生きものですので、手遅れになると生地を侵し直らなくなります。 もしカビが生えているのを見つけたら、早めに専門家に任せましょう。
色落ち
泥染の大島紬は天然染料のため色落ちします。薄色の帯を締められる場合は注意してください。 色が移ってしまった帯などは、早めに専門家に頼みましょう。
《ご注意》
一般的なお手入れとして記載しています。汚れの種類や度合いによりご自身で判断してください。
ページ移動 

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について