大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


メニュー

結城紬の制作工程

特 徴
「ゆうき」と一オクターブ低い発音で聞くと、すぐに優雅な紬のきものを連想するほど結城の名は、 地名より織物の名で一般に通用しています。

それは単に歴史の長さばかりではなく、結城紬には人間の血が通い、そのあたたかさを肌に感じさせ、心の奥に結城の風味を染み透らせてくれるからです。
結城紬
関東平野の真只中で、冬は日光おろしの吹きすさぶ中で、糸を紡ぎ、絣をつくり、そして織り、結城紬が生み出されているのです。 市内にあるのは染屋、糸屋と産地問屋(買継商)だけで、織りは郊外に散在する農家の副業です。

農閑期の節くれだった手先から、あのしなやかな紬糸が作り出されるのですが、千数百年の歴史を積み重ね、長い日時をかけていく農家の人たちの心・・・・ そこには生活の喜びも悲しみもともに織り込まれています。 土くさい民芸織物でありながら、人と人とのつながり、人の血のあたたかさをにじみ出している結城紬は、染色の堅牢さ、布地の丈夫さに高い人気を集めています。 また、渋さ、重厚味、無造作に着られるぜいたくさなど、結城紬に寄せる形容詞は限りがないようです。

それは、作り出す人間のはかりしれないほどの質実なこまやかさから生まれてくるものです。 結城紬は、真綿からとれる手紡ぎの糸を使い、藍や化学染料で染められます。

織には平織りと縮織りがありますが、千数百年もの昔から使われている地機で織られています。 平織りは昭和31年、糸紡ぎ、絣括り、地機による機織りの三製法が重要無形文化財に指定されました。
歴 史
筑波山の麓にひろがる結城地方は、古くから養蚕のさかんな地で、平安時代に大和朝廷が定めた「廷喜式」には常陸の国からの貢物として 、絁(あしぎぬ)が上納されていたと記されています。

結城紬は、この絁を祖とするものですが、鎌倉時代には常陸紬として諸国名産の一つに数えられていました。
筑波山
その後、この地を統治した結城氏によって保護育成され、慶長7(1602)年に結城紬と名づけられました。

結城氏の越前福井への移封のあとも、初代代官備前守忠次は宇山・治水・産業振興に深い見識と技術とを合わせもっていたため、結城紬はいっそうの隆盛を見せました。 江戸時代には奢侈禁止令が何度か出され、絹織物も制約を受けましたが、結城紬は外見が木綿に似ているところからその取締りを受けずにすみ、 粋を好む町人層から愛用されました。
真綿かけと糸紡ぎ
真綿には角真綿と袋真綿の二通りがあります。角形真綿は二枚重ねて一枚の真綿にしますが、 角・袋とも真綿一枚に約六個の繭を必要とします。

この真綿で糸を引き出し、「つくし」という台にからませて、この一端から指先の魔術で糸を引き出します。
つくし
糸紡ぎ あやすように指先を唾液でぬらしながら引き出しますが、糸紡ぎはこの唾液が命といわれ、一般に40~50歳の女性が一番よい糸を紡げるようです。 高齢の人は唾液が少なくなり、糸に張りがなくなるといわれています。

糸は苧桶(おぼけ)という小桶の中へ入れておきますが、苧桶いっぱいになるには約80グラムで、およそ50枚の真綿がいります。

苧桶いっぱいを1ボッチと呼びますが、紬一反織るのに必要な糸は7ボッチ。 一反分の糸量を防ぐには一人で約35日もかかります。
絣括りは一般に男性の仕事です。
方眼紙に設計された図案を基礎に使用量の糸を決め、それに経緯別々に目じるしのための墨付けをし、口にくわえた木綿糸で括っていきます。
絣括り
絣括り2 何度となく繰り返すこの括り箇所には、一点の心のゆるみも許されません。ゆるんだ箇所はできあがった時に完全な絣模様が構成できなくなるからです。
締めた糸

締めた糸

解いた糸

解いた糸
染織風景

染織風景
地 機
染めあがった糸は、地機で織られます。
地機は腰に腰当てをつけ、反物の一幅以上のものを用いますが、腰当ては経糸を張ったりゆるめたりを調節するものです。

普通の杼(ひ)は緯糸を通すだけに用い、打ち込みは筬(おさ)で行なわれますが、地機では樫の木で作った重い大きな杼で力いっぱい打ち込みます。

そのため生地が厚くなるだけでなく、 真綿紬の軽やかさとあたたかさを生かした、結城紬独特の感触と風合いが生まれてきます。
地機

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について