大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


芭蕉布のアイコン  喜如嘉の芭蕉布2

ページ移動 
歴史
材科である糸芭蕉は、苧麻とともに自生していたという説と、中世に交易により南方から移植されたという説があり、明らかではありません。 しかし、いずれにせよその歴史は古く一三世紀頃から始まっており、江戸期には庶民の衣生活に欠くことのできないものとして普及していました。
また戦前までは、沖縄全島で芭蕉布の生産が見られ、なかでも首里、喜如嘉(きじょか)、今帰仁(なきじん)が三大産地といわれていました。しかし戦後に入って急速に衰え、現在では、かつて上物の産地として知られた喜如嘉の村だけに、その伝統が受け継がれています。
喜如嘉の芭蕉布645a 喜如嘉の芭蕉布645b 喜如嘉の芭蕉布653a 喜如嘉の芭蕉布653b
喜如嘉の芭蕉布 着尺 藍コーザー 経絣 マユビチ-

まゆ毛を基につくられた柄
喜如嘉の芭蕉布 八寸帯 ヤシラミー 花織

ヤシラミーとは、網代(崩し)のこと。
喜如嘉の芭蕉布651a 喜如嘉の芭蕉布651b 喜如嘉の芭蕉布647a 喜如嘉の芭蕉布647b
喜如嘉の芭蕉布 九寸帯 風車 喜如嘉の芭蕉布 九寸帯 藍コーザー 親子トンボ
写真の為、色や濃度に若干の誤差はございます。
ページ移動 

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について