大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


芭蕉布アイコン  喜如嘉の芭蕉布1

ページ移動 1
特徴
芭蕉には、花芭蕉、実芭蕉、糸芭蕉の三つの種類があります。 そのうち、糸芭蕉の繊細さから織られた織物が、昔から沖縄の人々に広く親しまれてきた芭蕉布です。
芭蕉布の最大の特徴は布地が粗いため、通風性がよいこと。さらりとし、真夏でも布が汗ばまず、冷んやりとした感じを与えてくれます。
着尺地には生芭蕉、縞芭蕉、絣芭蕉の三種があります。生芭蕉は経緯糸とも芭蕉を用いて織った生地をいい、縞芭蕉には経緯糸とも芭蕉のものと、綿糸を交織したものとがあります。 また絣芭蕉は芭蕉のなかでも、特に厳選したものを使用。 いずれも沖縄独特の琉球藍やテーチ木などの植物染料が使われます。また、天気がよいと糸が乾燥し切れやすくなるという微妙な糸加減のため、織りには機械は使用できず、 すべて手織り。厳しい忍耐と注意力を通して織りあげられる柄は、素朴で力強く、深い伝統の風情が感じられます。
喜如嘉の芭蕉布646a 喜如嘉の芭蕉布646b 喜如嘉の芭蕉布648a 喜如嘉の芭蕉布648b
喜如嘉の芭蕉布 着尺 茶コーザー 10玉番匠(バンジョー)

沖縄を代表する柄のひとつで、濃淡の絣で立体感を表現。
喜如嘉の芭蕉布 九寸帯 風車Ⅱ
喜如嘉の芭蕉布650a 喜如嘉の芭蕉布650b 喜如嘉の芭蕉布649a 喜如嘉の芭蕉布649b
喜如嘉の芭蕉布 九寸帯 アササ

平良敏子氏が考案された柄。
喜如嘉の芭蕉布 九寸帯 経縞二玉クワンカキー
写真の為、色や濃度に若干の誤差はございます。
ページ移動 1

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について