大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


みさやま紬アイコン  郡上紬2

ページ移動 
歴史
郡上八幡には、古くから郡上織と呼ばれる織物の伝統が受け継がれてきました。 昔、この里に落ちのびた平家の落武者たちが、野性の蚕糸を使い、都の感覚で織り始めたのが発祥といわれます。
風土の持つ素朴さに大宮人の優雅さを加えたこの織物も、江戸期に入ると急速に衰え、その後は農家の自家織として、細々とその技術が伝えられてきたに過ぎません。 この郡上織の伝統を、戦後、見事によみがえらせ、「郡上紬」として再興、発展させたのが宗廣力三氏です。 氏は、戦前は県下の青年開拓活動のリーダーとして活躍、戦後も青年たちを率いてこの地に開拓の根を下ろしました。
昭和二二年、浅井修吉氏(初代京都染色試験場長)の協力を得てエリ蚕の飼料であるヒマと神樹を植樹。 数年かけて自ら品種の改良も行い、ようやくエリ蚕の飼料に使えるようになりました。 技術的にも農家の土蔵や屋根裏に放置されていた江戸時代の高機を手直しし、残されていた古い縞帳を参考に研究を続けました。 その後も宗廣氏自身で納得のできる色、柄、織りを作り出すための苦労は続き、今、その苦労も報われるほどの郡上紬が世に出ることになったのです。
郡上紬5a 郡上紬5b    
郡上紬  
       
   
写真の為、色や濃度に若干の誤差はございます。
ページ移動 

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について