大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


取扱商品
大島紬

大島紬 [鹿児島県]

今では幻の大島紬と言われる一元による絣構成の大島紬は、力強くしっかりとした柄をより精密に作り出しています。
士乎路紬

士乎路紬 [石川県]

士乎路(しおじ)紬は、故 水島繁三郎氏によって生み出されました。
経緯共に手引き真綿糸を使用し、着ここちのの良い紬です。
みさやま紬

みさやま紬 [長野県]

信州、三才山(みさやま)の自然に守られた草木を、横山俊一郎氏の手によって、やさしく美しい色に染められた紬。
結城紬

結城紬 [茨城県]

重要無形文化財 ユネスコ無形文化遺産

控えめな風合で、織物に惹かれている人たちの多くの憧れ・・・
地機で織り上げられる伝統織物。
越後上布

越後上布 [新潟県]

重要無形文化財

越後上布の歴史は古く、千数百年にも及ぶと言われています。現在は、わずかな生産量となってしまい、貴重な麻織物。
郡上紬

郡上紬 [岐阜県]

縞・格子・段が中心で、渋みのある色合いは独特の草木染から生まれます。経糸には玉糸を用いて、味わい深い風合の紬。
首里織

首里の織物 [沖縄県]

琉球王国の王都、首里で士族女性の間に秘伝の技術として伝えられてきた織物です。
喜如嘉の芭蕉布

喜如嘉の芭蕉布 [沖縄県]

重要無形文化財

昔から沖縄の人々に広く親しまれてきた芭蕉布・・・
糸芭蕉の繊維を使用し織り上げる布。
芝崎 圭一氏

芝崎 圭一氏 [群馬県]

父 芝崎 重一(しげかず)氏の作り上げた、手引き座繰糸を使用した着物作りを継承。その作品は、とことんまで糸にこだわり、他の追随を許さない風合いを生み出しています。
黄八丈

黄八丈 [東京都]

糸・染・織に徹底したこだわりを持ち、一切の妥協を許さない、山下家 めゆ工房の黄八丈です。
縮結城

縮結城 [茨城県]

現在は結城全体の約一割程度になった縮結城は、緯糸に強撚糸を使用しているので単衣に最適です。
八丈織

八丈織 [東京都]

菊池洋守氏の作品は、八丈島に伝わる伝統と、師である柳 悦博氏から受け継いだ美の感性と技の数々が融合し、注目を集めています。
宮古上布

宮古上布 [沖縄県]

苧麻(ちょま)の糸を原料にし織り上げられた宮古上布は、丈夫で軽く通気性のあるため盛夏に最適な織物。
ロウ引きされた硬質な光沢は、洗われることでシャリっとした風合に姿を変えます。
夏大島

夏大島 [鹿児島県]

緯糸に強い撚りをかけ、生地が肌に触れる面積を少なくし、さらりとした肌触りを作り出しました。絣の飛び柄や詰め柄、縞格子等、シーンによって使い分けていただけます。
縞大島

縞大島 [鹿児島県]

大島紬の糸で、絣を用いず縞や格子の柄で、モダンな普段使いの着物として織られています。ランダムに括られた絣を自由に配置したものや、すくいの技法を使った創作的なものもあります。
琉球古典紬

琉球古典紬 [宮崎県]

古くから琉球に伝わる紬を復元し、素朴な絣模様を時代に合う配色で表現した織物。大らかな色合いは沖縄の風土を彷彿とされます。
さつま木綿

さつま木綿[宮崎県他]

大島紬と同じような工程で作られていますが、非常に細い木綿糸を使用している為、独特の肌触りや雰囲気は大島紬とは違った良さがあります。
久米島紬

久米島紬 [沖縄県]

重要無形文化財

ウコンや楊桃を用いた鮮やかな色や泥染による重厚な色合いが、南国の文化に馴染んだのではないでしょうか。
縮木綿

縮木綿 [新潟県]

上質な縮みの産地で知られる小千谷で織られた織物で、経糸に綿、緯糸に麻を用いた涼しくて着やすい織物。着物だけではなく浴衣としてもご利用いただけます。
大島紬男物

大島紬 男物 [鹿児島県]


笠利地方で織られる一般的な男物大島に対し、さらに細かな絣を用い、亀甲の形をよりはっきりと描きだしているのが、弊社オリジナルの特徴。
古志紬男物

古志紬 男物 [新潟県]

ざっくりとした風合いと丈夫さを持つ紬。女性では作務衣に仕立ててお召しになる方もいらっしゃいます。手始めの着物としておススメの品です。
綺羅羅

綺羅羅 [新潟県]


大島紬と同じような光沢感のある上質の絹糸を使用し、本来の紬とはまったく違った洗練された美しさのある絹織物です。
取扱商品はまだありますが、順次更新してまいります。なお商品に関するご質問は、お問い合わせよりお願い致します。

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について