大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


大島紬アイコン  大島紬1

ページ移動 1
歴史
大島紬の発祥ははっきりとしていませんが、奄美大島には千数百年前から古代染織がみられたようです。 最近になって、中国伝来の技法を用いた草木染めの綾織の領布(サジ)が発見されました。 これは、享保五(一七二〇)年に薩摩藩主から絹織物着用禁止令が出されるまで織られていたものです。 こうしたことから中国から伝来してきた技法という説もありますが、他に久米島からの伝来説も有力です。 いずれにしても奄美大島では、古くから染織が行なわれていたのですが、現在の大島紬の技法は明治の初期に生まれました。 それまでは手括りの真綿の紬糸をテーチ木と泥染め、藍、松の実、ヒル木などを使って染色していましたが、明治十一年ごろになり芭蕉繊維で紬糸を括り、防染で絣を作ることが考案されました。 その後、本土との交通も盛んになり、徐々に人気が高くなってきました。
明治三十年ごろには、地機から高機(たかはた)に切り換えられ、さらに、三十四年ごろには永江伊栄温によって締機(しめばた)が発明され、従来の手括りから織締絣(おりしめがすり)に変わりました。 締機の開発は、手括りによる伝統的な絣作りをなくしましたが、時代に合った絵模様を表現する技法を生み出されました。 大島紬は、このように伝統をふまえながら、たえず新しい技法を生み、工夫改良を重ねながら現在の地位を確立してきたわけです。
大島紬 八重色紙 大島紬 八重色紙の拡大 大島紬 扇面に雪輪 大島紬 扇面に雪輪の拡大
大島紬 泥地多色絣 七マルキ一元(ヒトモト) 「八重色紙」

色紙の重ねに赤色を効かせてあります。
大島紬 泥地白絣 七マルキ一元 「扇面に雪輪」

美しい濃淡の雪輪を扇で縁取りしました。
大島紬 収穫 大島紬 収穫の拡大 大島紬 蘭 大島紬 蘭の拡大
大島紬 泥地白絣 七マルキ一元 「収穫」

伸びやかな稲穂を表現する事が出来ました。
大島紬 泥地白 七マルキ一元 「蘭」

やさしく伸びる蘭の葉と可憐な花びらを、絣使いで表現しました。
写真の為、色や濃度に若干の誤差はございます。
ページ移動 1

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について