大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


みさやま紬アイコン  士乎路紬1

ページ移動 1
特徴
能登半島は別名“志乎路”と呼ばれます。この能登半島の入り口、羽咋(はくい)の近くで、故水島繁三郎氏によって生み出された士乎路紬は、昔ながらの技法に、工夫を加えて創作された新しい紬です。
水島氏は長年、草木染めの研究を続けていましたが、紬には手引き真綿の結城紬糸、染色には大島紬の草木・泥染が、色合い・光沢ともすばらしいと知り、この二つの紬のすぐれた部分を併せ持つ作品を作り上げました。
士乎路紬は、生地に弾力性があり、着はじめからしなやかで肌によくなじみ、洗えば洗うほど感触はさらによくなり、光沢もますます冴えを見せてくるという、大きな魅力を持つ手作りの紬です。
        
士乎路紬1a 士乎路紬1b 士乎路紬2a 士乎路紬2b
士乎路紬

与那国蚕を緯糸に用い、そのままの色で濃淡を表現。
士乎路紬

絣の濃淡の美。蝶の柄がとてもきれいに織れています。
士乎路紬3a 士乎路紬3b 士乎路紬4a 士乎路紬4b
士乎路紬 士乎路紬

小さな笠を斜めにはいした、笠道中。
写真の為、色や濃度に若干の誤差はございます。
ページ移動 1

Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について