大島紬|みさやま紬|士乎路紬などオリジナル商品を全国に提供
室町の加納株式会社


戻るボタン 次へボタン

Accessで作る顧客管理システム


◆ メニューフォーム

自分が使うのであればデータベースウィンドウから各フォームをひらければよいのですが、他人に使用してもらう為にはメニューが必要です。メニューのコマンドボタンを押す事で、他のフォームを呼び出すようにします。最初はマクロを使って、frm分類編集を呼び出すようにします。
マクロとは、Accessで行う定型的な命令を日本語で選択しながら作っていくプログラムです。
◆ メニューフォームの新規作成
メニューフォームの作成は、データベースウィンドウのフォームから[デザインビューでフォームを作成する]で作っていきます。ダブルクリックするとフォームがデザインビューで開きます。分類名編集のように適当なサイズに変更します。次にラベルでフォームの標題を作ります。
次にコマンドボタンを右図のように大きな物を6個と終了用に1個作ります。コマンドボタンウィザードが起動したら[キャンセル]してください。TAB移動順は作った順になりますので、左上から順に作っていくと、後で修正がいりません。
フォームのプロパティは、分類編集を参考に編集してください。
frmMenuという名前で保存して一旦閉じます。
frmMenu
◆ frm分類編集を開くマクロ
メニューから[frm分類編集]を開いて、[frmMenu]を閉じるマクロを作ります。

データベースウィンドウのマクロから新規作成をクリックします。
空のマクロ1が表示されます。
アクションと書かれた下の空白をクリックして右にあるボタンから[ファイルを開く]を選択します。マクロ画面の左下にフォーム名がありますので、その右横の空白をクリックして[frm分類編集]を選択します。

次にアクションの[ファイルを開く]の下をクリックして[閉じる]を選択します。下段のオブジェクトの種類は[フォーム]を選択。オブジェクト名は[frmMenu]。オブジェクトの保存は[しない]を選択します。

保存ボタンを押して、マクロ名を[frm分類編集を開く]とします。閉じて終了します。これで完成です。

マクロ作成図
◆ メニューのコマンドボタンにマクロを登録
先ほど作成したマクロをコマンドボタンに登録します。場所は6個のどこでも良いですが、私の図では左の2番目になっています。コマンドボタンをダブルクリックしてプロパティを表示させます。まず書式にある標題を[分類名編集]に変更します。他の書式も好みで変更してみてください。その他の名前を[cmd2]に変更します。
次にマクロを登録します。イベントにある[クリック時]の右横の空白をクリックします。下矢印を押すと、
[イベントプロシージャ]と[frm分類編集を開く]があるはずですので、[frm分類編集を開く]を選択します。
これでマクロが登録出来ました。保存してからメニューを開いて試してください。
クリック時のアクション
◆ その他のマクロを登録
frm分類編集にもメニューに戻るコマンドボタンを作って、先ほどのように新規にマクロを作成して登録しますと相互的にフォームの移動が可能になります。
また、メニューに終了ボタンを作成して、マクロでアクションを[終了](オプションも[終了])にしておくと、
Accessを終了します。ここまで行ってから、2つのフォームのプロパティの書式にある[コントロールボックス]を[いいえ]にします。使用時に×で閉じられると何も表示しなくなるのを防ぐ為です。逆に作成時は閉じる事が出来なくなります。フォームを一旦デザインビューにしてからでないと閉じられません。

 
戻るボタン 次へボタン


Copyright(C) Muromachi no Kanou Inc. All Rights Reserved お問い合わせ 会社概要 著作権について